専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して

学会ニュース

日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して

[2017.2.16]

日本外科学会が「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して発表した。

 

 現在審議が行われております平成32年度の医師臨床研修制度の見直しの件について連絡させていただきます。
 
 ご存知のように現在の医師臨床研修制度では、必修は内科(6か月以上)、救急(3か月以上)にとどめられ、研修2年目に地域医療1ヶ月を必修としています。外科は、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科と共に選択必修とされ、このうちから2診療科を選択することになっています。しかし、労働環境が厳しいことなどから外科は敬遠され、あまり選択されていないのが実情です。
 一方で、手術による侵襲的治療は以前にも増して多くなり、急性期病院では診療における比率が増加している現状があります。現在の医師臨床研修制度では手術という重要な診療を経験せずに医療現場で従事する医師が増えるため、将来の診療現場に混乱をきたすことが危惧されます。
 例えば、懸念されるのは、医療安全がその最たるものです。
強い侵襲を伴う手術の際には、患者・家族へのインフォームドコンセント、他診療科や各種医療スタッフとの情報共有と討論を始めとするチーム医療、医療事故防止のための対策、医療事故発生時の対応と報告などを考慮しておかなければなりません。それらはまさしく、われわれ外科医が長年にわたり培ってきた医療安全文化に直結する課題です。そして、それは社会が複雑化し多様化する近未来においては、特に重視されるべきものと考えます。医療安全とチーム医療の重要性に鑑み、これらを初期臨床研修中に外科において経験し学ぶことは、国民に安全な医療を提供するために、全ての医師にとって必須のことと考えます。
 
 つきましては、初期臨床研修制度において、手術を行っている診療科の基盤をなす学会の立場から、外科を必修診療科とすることを考慮していただきたいと心からお願い申し上げます。 



Image from 日本外科学会

新着学会ニュース
日本核医学会からのお知らせ「次世代PET研究会2018」に関して

[2017.11.22]

全文見る

日本核医学会からのお知らせ「次世代PET研究会2018」に関して

日本核医学会が「次世代PET研究会2018」に関して発表した。    放射線医学総合研究所は、PETなどの次世代機器や要素技術の研究開発を推進するための産学官情報交…

「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 抗原別では牛乳アレルギーが最多

[2017.11.22]

全文見る

「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 抗原別では牛乳アレルギーが最多

 2017年11月18~19日に宇都宮市で開催された第54回日本小児アレルギー学会学術大会で、食物アレルギー患者における重篤なアレルギー症状の調査結果が発表された。 回答…

日本神経学会からのお知らせ「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改正」に関して

[2017.11.21]

全文見る

日本神経学会からのお知らせ「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改正」に関して

日本神経学会が「レギュラトリーサイエンス戦略相談に関する実施要綱の一部改正」に関して発表した。    独立行政法人医薬品医療機器総合機構よりレギュラトリー…

国内6773万人分の健診データを統合 病気予防活用に

[2017.11.21]

全文見る

国内6773万人分の健診データを統合 病気予防活用に

 東京大が12月から、国内6773万人分の健康診断、医療費、生活習慣などのデータを集計した分析・支援ウェブサイトを運用する。1399の健康保険組合(2946万…

日本小児外科学会からのお知らせ「臨床統計学ハンズオンセミナー」に関して

[2017.11.20]

全文見る

日本小児外科学会からのお知らせ「臨床統計学ハンズオンセミナー」に関して

日本小児外科学会が「臨床統計学ハンズオンセミナー」に関して発表した。   臨床統計学ハンズオンセミナー開催についての情報を掲載いたしました。ご確認ください…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して」(2017年2月16日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
消化器病専門医 男性(49歳) 消化器病専門医 男性(49歳)
専門性を高めることができる環境で働けていること...
麻酔科専門医 男性(40代) 麻酔科専門医 男性(40代)
外科の先生方とも打ち解けて、充実した日々を過ご...
小児科専門医 女性 32歳 小児科専門医 女性 32歳
入職してみると、小児科部長の治療方針や患者への...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ