専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して

学会ニュース

日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して

[2017.2.16]

日本外科学会が「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して発表した。

 

 現在審議が行われております平成32年度の医師臨床研修制度の見直しの件について連絡させていただきます。
 
 ご存知のように現在の医師臨床研修制度では、必修は内科(6か月以上)、救急(3か月以上)にとどめられ、研修2年目に地域医療1ヶ月を必修としています。外科は、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科と共に選択必修とされ、このうちから2診療科を選択することになっています。しかし、労働環境が厳しいことなどから外科は敬遠され、あまり選択されていないのが実情です。
 一方で、手術による侵襲的治療は以前にも増して多くなり、急性期病院では診療における比率が増加している現状があります。現在の医師臨床研修制度では手術という重要な診療を経験せずに医療現場で従事する医師が増えるため、将来の診療現場に混乱をきたすことが危惧されます。
 例えば、懸念されるのは、医療安全がその最たるものです。
強い侵襲を伴う手術の際には、患者・家族へのインフォームドコンセント、他診療科や各種医療スタッフとの情報共有と討論を始めとするチーム医療、医療事故防止のための対策、医療事故発生時の対応と報告などを考慮しておかなければなりません。それらはまさしく、われわれ外科医が長年にわたり培ってきた医療安全文化に直結する課題です。そして、それは社会が複雑化し多様化する近未来においては、特に重視されるべきものと考えます。医療安全とチーム医療の重要性に鑑み、これらを初期臨床研修中に外科において経験し学ぶことは、国民に安全な医療を提供するために、全ての医師にとって必須のことと考えます。
 
 つきましては、初期臨床研修制度において、手術を行っている診療科の基盤をなす学会の立場から、外科を必修診療科とすることを考慮していただきたいと心からお願い申し上げます。 



Image from 日本外科学会

新着学会ニュース
日本小児外科学会からのお知らせ「薬事戦略相談に関する実施要綱の一部改正等」に関して

[2017.3.29]

全文見る

日本小児外科学会からのお知らせ「薬事戦略相談に関する実施要綱の一部改正等」に関して

日本小児外科学会が「薬事戦略相談に関する実施要綱の一部改正等」に関して発表した。    このほど,医薬品医療機器総合機構(PMDA)より本職宛に,標記の依頼が…

治療、病態解明の手掛かり 神経難病、サルで再現

[2017.3.29]

全文見る

治療、病態解明の手掛かり 神経難病、サルで再現

 遺伝子の改変により神経難病である脊髄小脳変性症の症状があるマーモセット(小型のサル)ができたと、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)のチームが27日…

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「蘇生装置Ⅰ.Ⅱの取扱い上の注意」に関して

[2017.3.28]

全文見る

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「蘇生装置Ⅰ.Ⅱの取扱い上の注意」に関して

日本周産期・新生児医学会が「蘇生装置Ⅰ.Ⅱの取扱い上の注意(アトムメディカル株式会社)」に関して発表した。    このたび弊社にて販売しております蘇生装置(イ…

発達障害の子らへ教員配置を手厚く 改正義務教育標準法成立

[2017.3.28]

全文見る

発達障害の子らへ教員配置を手厚く 改正義務教育標準法成立

 発達障害のある子らが一部の授業を別室で受ける「通級指導」など、特別な指導が必要な子どもへの教員配置を手厚くする改正義務教育標準法が27日、参院本会議で全会一…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科研修管理システム開始のご案内 および 所属施設の更新のお願い」に関して

[2017.3.27]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科研修管理システム開始のご案内 および 所属施設の更新のお願い」に関して

日本産科婦人科学会が「産婦人科研修管理システム開始のご案内 および 所属施設の更新のお願い」に関して発表した。    平成29年度に研修を開始する専攻医からシ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本外科学会からのお知らせ「初期臨床研修における外科必修化のお願い」に関して」(2017年2月16日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
消化器科 男性 31歳 消化器科 男性 31歳
常勤医師は全員当直免除の体制で、内視鏡の症例数...
整形外科専門医 男性(40代) 整形外科専門医 男性(40代)
部長待遇で迎えてくれましたので、期待に応えたい...
産婦人科専門医 女性(30代) 産婦人科専門医 女性(30代)
紹介していただいたクリニックは子育てに理解のあ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長
渡部 文昭 氏
自治医科大学附属さいたま医療センター一般・消化器外科 助教
吉澤利弘氏 吉澤 利弘 氏
NTT東日本関東病院 神経内科部長
望月智行氏 望月 智行 氏
医療法人財団献心会 川越胃腸病院 理事長・院長

過去のインタビューはこちら

坂本乘寛 3.3 UP!!
Vol.10
確定拠出年金を学ぶ
~積立の効果

坂本乘寛(株式会社AIPコンサルタンツ)

>>その他の記事はこちら

ページトップへ