専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

学会ニュース

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

[2016.11.14]

日本医学会が「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して発表した。

 

 特定機能病院等の高度な医療を担う医療機関において高難度の医療技術を導入した後に医療安全に関する重大な事案が相次いで発生したことを受け、本年6月10日、厚生労働省によって医療法施行規則が改正され、高難度の医療技術を用いた医療を実施する際に当該医療の実施の適否について診療科の長以外の者が確認するプロセス等が特定機能病院の承認要件として義務付けられ、その他の病院においては努力義務とされたところです。
 

 本件に関連して、厚生労働科学特別研究班「高難度新規医療技術の導入プロセスにかかる診療ガイドライン等の評価・向上に関する研究班」(研究代表者:國土典宏 東京大学教授)が設置されました。特別研究班より「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」という全医療分野に共通する基本的な考え方(資料1)が作成され、このたび基本領域の18学会にご意見を伺い、下記の学会にご賛同頂いています。また、その他の学会についても現在手続き中となっています。

<ご賛同頂いた基本領域の学会>
 日本医学放射線学会、日本眼科学会、日本救急医学会、日本外科学会
 日本形成外科学会、日本産婦人科学会、日本整形外科学会
 日本精神神経科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本内科学会
 日本脳神経外科学会、日本泌尿器科学会、日本皮膚科学会、日本病理学会
 日本麻酔科学会、日本リハビリテーション学会、日本臨床検査医学会

 

 日本医学会では、この特別研究班の成果に基づき、高難度新規医療技術の導入における医療安全に関する基本的な考え方を活用頂ければと考えております。

ご高配いただきますようよろしくお願いいたします。



Image from 日本医学会

新着学会ニュース
日本視覚学会からのお知らせ「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して

[2018.7.20]

全文見る

日本視覚学会からのお知らせ「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して

 日本視覚学会が「日本画像学会・日本視覚学会コラボレーション企画『視覚と画像の基礎講座(全4回)』」に関して発表した。    昨年開催しました日本画像学…

画像診断がん見落とし 主治医に注意喚起

[2018.7.20]

全文見る

画像診断がん見落とし 主治医に注意喚起

 画像診断結果の確認不足によるがんの見落としが相次いだことを受け19日、日本医学放射線学会は各医療機関に対し、画像診断報告書を主治医が確認したかチェックするシス…

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

[2018.7.19]

全文見る

日本耳科学会からのお知らせ「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して

日本耳科学会が「側頭骨CT・MRI電子教材の公開 およびアンケートのお願い 」に関して発表した。    本耳科学会では第27回学術講演会のモーニングセミナー12「タブ…

福岡市がモデル事業を開始 「医療ケア児」保育所に看護師常駐

[2018.7.19]

全文見る

福岡市がモデル事業を開始 「医療ケア児」保育所に看護師常駐

 福岡市は、保護者の就労支援などを目的に医療的ケア児を受け入れるモデル事業を市立千代保育所(博多区)で始めた。ただ、普及に向けては対応できる看護師や保育士の確…

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

[2018.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して

日本産科婦人科学会が「産婦人科未来委員会 若手委員公募」に関して発表した。   産婦人科未来委員会では、若手委員会の委員10名を募集いたします。奮ってご応募下…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して」(2016年11月14日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
循環器内科 男性 35歳 循環器内科 男性 35歳
人柄はもちろん、なによりやりたかったカテーテル...
外科専門医 女性(30代)  外科専門医 女性(30代) 
オペにも積極的に参加させていただいています。大...
女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳 女性医師 内分泌・糖尿病・代謝内科 28歳
常勤医として健診クリニックへの転職をする前に、...
循環器専門医 (男性 30代後半) 循環器専門医 (男性 30代後半)
入職から数か月後に、治療機材も新しいものが導入...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ