専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > レーシック手術件数激減

学会ニュース

レーシック手術件数激減

[2016.9.27]

視力を矯正するレーシック手術の件数が、ピークだった2008年の45万件から14年には5万件にまで激減したとの推計を、慶応大医学部眼科学教室の根岸一乃准教授がまとめた。米国や韓国など海外では広く普及し、国内のスポーツ選手らが手術を受けたことで日本でも一気に広まったが、患者の角膜炎集団感染などが影響したとみられる。

 

 レーシックは有効性・安全性を支持する研究論文は7千本以上あり、手術をした患者の95・4%が結果に満足したというデータもある。

 根岸准教授が日本眼科医会の発表資料としてまとめた推計によると、レーシック手術の症例数は00年の2万件から徐々に増え、08年は45万件に達した。だが、09年は29万件と減少に転じ、12年は20万件、14年には5万件まで減ったとみられる。福岡市のあるクリニックも、手術数はピークの09年に比べ、15年は5分の1程度になったという。

 原因の一つとみられるのが、09年に東京都内の眼科病院で発覚した集団感染事件。十分な滅菌処理をしていない医療器具を使用しレーシック手術をしたため、患者が相次いで角膜炎などを発症。元院長は業務上過失傷害罪で禁錮2年の実刑判決を受けた。

 消費者庁が13年、レーシック経験者600人(20~60歳代、複数回答)を調査した結果、「光がギラギラしてにじむ」(16・5%)「ドライアイが半年以上続く」(13・8%)などの不具合があったと発表したことも、減少に拍車を掛けたとみられる。

 保険適用がなく、片目で十数万から30万円ほどかかる高い手術費に加え、眼鏡ブームや、コンタクトレンズの性能が格段に良くなったことも減少の一因とみる関係者もいる。さらに、福岡大医学部眼科学教室の内尾英一主任教授は「親から授かった体を傷つけるのに抵抗があるという日本人的な感覚も影響しているのでは」と分析する。

 レーシック手術を行う岡眼科クリニック(福岡県飯塚市)の岡義隆院長は「日本眼科学会などが示すガイドラインに沿って適切に施術し、術後もしっかりケアすれば本当に安全な手術だ」と話す。


新着学会ニュース
日本アレルギー学会からのお知らせ「 「2019年度 アレルギー・リウマチ相談員養成研修会」開催のご案内と受講申込み」に関して

[2019.6.17]

全文見る

日本アレルギー学会からのお知らせ「 「2019年度 アレルギー・リウマチ相談員養成研修会」開催のご案内と受講申込み」に関して

日本アレルギー学会が「 「2019年度 アレルギー・リウマチ相談員養成研修会」開催のご案内と受講申込み」に関して発表した。   「2019年度 アレルギー・リウマチ相…

日本専門医機構からのお知らせ「総合診療領域専門医の現状 」に関して

[2019.6.14]

全文見る

日本専門医機構からのお知らせ「総合診療領域専門医の現状 」に関して

日本専門医機構が「総合診療領域専門医の現状 」に関して発表した。   日本専門医機構総合診療専門医検討委員会(以下、本委員会)委員長の羽鳥裕です。 専門医機…

1型糖尿病の子ども向け交流キャンプ 8月に自然学校で開催

[2019.6.14]

全文見る

1型糖尿病の子ども向け交流キャンプ 8月に自然学校で開催

 血糖値を下げるインスリンを体内でつくれなくなる「1型糖尿病」の子どもたちが血糖管理などを学ぶ「兵庫県小児糖尿病サマーキャンプ」が8月10日~14日、同県朝来…

日本糖尿病学会からのお知らせ「DKDに関する公開セミナー」に関して

[2019.6.13]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「DKDに関する公開セミナー」に関して

日本糖尿病学会が「DKDに関する公開セミナー」に関して発表した。   ●会期:2019年 7月7日(日)   13:30 - 15:30( 13:00 から受付開始 )●会場:&ems…

「急性内斜視」 子どもや若者の間で多発しているおそれ

[2019.6.13]

全文見る

「急性内斜視」 子どもや若者の間で多発しているおそれ

 短期間のうちに片方の目の瞳が内側に寄って左右の目の視線がずれる「急性内斜視」が最近、子どもや若者の間で多発しているおそれがある。日本小児眼科学会と日本弱視斜…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「レーシック手術件数激減」(2016年9月27日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...
脳神経外科 男性医師 55歳 脳神経外科 男性医師 55歳
自分への期待に裏切らないように今はやるべきこと...
消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代) 消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代)
まだまだこれからですが、臨床能力の向上と、専門...
総合内科専門医 男性42歳 総合内科専門医 男性42歳
土日休みなのに収入はこれまでの倍近いという、条...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ