専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本腎臓学会からのお知らせ「第9回 診断病理サマーフェスト 病理と臨床の対話 開催」に関して

学会ニュース

日本腎臓学会からのお知らせ「第9回 診断病理サマーフェスト 病理と臨床の対話 開催」に関して

[2015.5.22]

日本腎臓学会からのお知らせ「第9回 診断病理サマーフェスト 病理と臨床の対話 開催」に関して

日本腎臓学会が2015年(平成27年)9月5日(土),6日(日)に行われる、「第9回 診断病理サマーフェスト 病理と臨床の対話 開催」に関して発表した。

 

 

 第11腎病理夏の学校は、日本病理学会のプログラム病理診断サマーフェストとジョイントとして以下の要領で開催されます。

●テーマ:腎生検:患者のためになる病理診断のあり方
●会 期:2015年(平成27年)9月5日(土),6日(日)
●会 場:京都テルサ(京都府京都市南区東九条下殿田町70)
●対象者:腎生検病理に興味のある臨床医・病理医
●形 式:腎生検病理診断に関する講義解説と、バーチャルスライドを用いた診断と鑑別 (実習なし)

●内容
(1) 腎生検病理診断に必要な臨床、病理学的知識
(2) 病変の読み方:フローチャートと病態の把握
(3) 臨床情報としての病理診断書のあり方
(4) バーチャルスライドによる読み方の実際と鑑別疾患

お申し込み等詳細は以下のリンクからお願致します。
http://pathology.or.jp/news/summerfest2015.html

新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

[2020.1.24]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

日本皮膚科学会が「講習会:受講申込み受付を開始」に関して発表した。    下記研修講習会の受講申込み受付を開始しました。 受講を希望する会員は,以下の会員専…

新型肺炎拡大受け専門外来の設置を検討

[2020.1.24]

全文見る

新型肺炎拡大受け専門外来の設置を検討

 24日、日本医師会の横倉義武会長は時事通信のインタビューで、新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に拡大していることを受け、日本国内で流行した場合、各地の医…

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

[2020.1.23]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

日本循環器学会が「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して発表した。   【趣旨】  日本循環器学会では長…

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

[2020.1.23]

全文見る

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

 がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが…

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

[2020.1.22]

全文見る

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

日本産科婦人科学会が「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して発表した。    この度、日本医学会医学用語管理員会 遺伝学用語改訂に関するワーキ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本腎臓学会からのお知らせ「第9回 診断病理サマーフェスト 病理と臨床の対話 開催」に関して」(2015年5月22日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
外科医 男性 40歳 外科医 男性 40歳
都内の民間病院であり、患者さんも多く、ハードな...
循環器科専門医 男性(39歳) 循環器科専門医 男性(39歳)
これまでは先ず勤務があり、その合間に家庭と自分...
神経内科専門医 37歳 男性医師 神経内科専門医 37歳 男性医師
内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタ...
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ